2016年10月05日

昭和アニメ/ドラマ第60弾<少年台風>

%e3%82%a2%e3%83%8b%e3%83%a1gif1259%e5%b0%91%e5%b9%b4%e5%8f%b0%e9%a2%a8%e5%b0%91%e5%b9%b4%e5%8f%b0%e9%a2%a8%ef%bc%91
懐かしの昭和アニメ/ドラマを紹介します。
私の子供時代に夢中になって遊んだ懐かしの面子(メンコ)のコレクションを
画像でお見せします。
第60弾は<少年台風>です。

『サブマリン707』『青の6号』といった海洋SFコミックの パイオニア小沢さとるの作品。
月刊漫画誌「少年」に昭和37年(1962)1月号から2年半もの長期にわたり連 載された。
宇宙開発時代に必要不可欠な人材の育成機 関を有する巨大原子力空母「台風」の乗員に
選ばれた少年、山川三太 と風間大助の友情と冒険を描いた海洋青春巨編である。
当時、筆を折りエンジニアとして生きること を希望していた作者が、最後に空母を描きた
いという理由からスター トさせた連載であったが、本作は「少年サンデー」編集部の目に
とまり、 『サブマリン707』を同誌に連載するきっかけとなるのだった。
「僕の人生を決めた因縁の作品」と作者自身が振り返るとおり、 『少年台風』には後に発
表する『サブマリン707』『エムエム三太』 『青の6号』といった名作のエッセンスが散見
できることから、小沢 ワールドにとってまさにエポックメイキングな作品代表作に潜水艦
漫画『サブマリン707』(週刊少年サンデー 1963--1965年) 、アニメ化された『青の6号』
(週刊少年サンデー1967年1月〜11月など。
高校在学中に手塚治虫のアシスタントを務めたことがきっかけとなり、1957年『ルミ死な
ないで』にて漫画家デビュー。
川口工業高校在学中から漫画を発表、少女漫画、忍者ものも手がけていたが、艦船ものに
ついては漫画界の先駆者といえる存在。
昭和38年に発表された『サブマリン707』シリーズで一世を風靡した。1970年代に人気を集
めた今井科学のプラモデル・ロボダッチのキャラクターデザインと原作も手がけていた。







posted by ygannyo at 12:24| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。